保育士の数を増やすには給料を上げる必要がある

###Site Name###

特に大都市圏を中心に共働きの夫婦が多いこともあって、子どもを保育園に預けるご家庭が増えています。

そういったこともあって保育園が不足してしまい待機児童の問題が大きく取り上げられるようになっていますが、その根本的な理由は保育士不足にあります。


ではなぜ保育士が不足するかと言えば、仕事がとても大変な割に給料が驚くほど安いためにとてもこの仕事では生活していくことができないからです。



都市部で生活するのはとても大変で、特に家賃が高いためにある程度収入がないと住む場所さえ探すことができないのです。
ですからもっと給料が良い業種に人が流れてしまうために待機児童の問題はなかなか解消されないのですが、そのためには保育士の給料を上げる必要があります。
今では国もそのことについて真剣に考えるように色々な対策を取っているのですが、この問題は直ぐに解決できるほど簡単なことではないのです。



そのため色々と試行錯誤しながら待機児童を減らすための努力をしていますが、そのためには国だけでなくて地方自治体の努力も必要となってきます。

国と地方自治体が協力してこの問題を解決するようにしなければならないのです。



そのことは国も地方自治体も十分に分かっているので、色々と話し合いを重ねていますがそれでもなかなか解決することができないです。

直ぐに保育士の給料を上げるにしても、その財源はどうすれば良いか等大変なことが色々とあるのです。
しかしこの問題を解決するためにも、一刻も早く財源を確保して保育士の給料を上げる必要があります。